クラウド型脆弱性管理サービスFutureVuls

脆弱性管理を
徹底的に自動化
ノウハウ不要で
リスク管理

\サービスの詳細や実績をご紹介/

無料まずは資料ダウンロードする

\まずはご相談からでもOK/

お問い合わせをする

\サービスの詳細や実績をご紹介/

無料まずは資料ダウンロードする

\まずはご相談からでもOK/

お問い合わせをする

運用負荷を最小化する
脆弱性管理サービス

FutureVulsは、脆弱性管理に関する一連のプロセスを自動化し、運用負荷を大幅に軽減するクラウドサービスです。自社で開発し、世界中で利用されている脆弱性スキャナ「Vuls」をはじめ、さまざまなスキャンツールと連携して脆弱性を特定します。脆弱性の可視化だけでなく、優先順位付けやチケット管理、対応方法の提示まで自動で行います。専門家がいなくても、セキュリティ対策を強化・効率化することができます。

FutureVulsでできることFEATURE

対応言語・OS・プラットフォーム

その他、幅広く対応可能!

クラウド型脆弱性管理サービスFutureVuls

14日間の無料トライアル
Standardプランの機能をお試しいただけます!

操作性、簡単にできるサーバー登録など、
実際に操作してみてお確かめください!

\Standardプランのトライアルが可能です!/

無料 トライアルを実施する

\CSIRTプランのトライアルはこちらから!/

お問い合わせをする

セキュリティ担当のあなたへ

脆弱性管理で、
このようなお悩みを持った企業におすすめですPROBLEM

  • 専門家がいないため、
    脆弱性管理が難しい
  • 脆弱性の優先順位付けが困難で、
    重要な脆弱性への対応が遅れる
  • 脆弱性の検知と対応に
    多くの時間とリソースが必要
  • 脆弱性管理のプロセスを
    自動化して効率化を図りたい

そのお悩み、

が解決いたします!

FutureVulsが
選ばれている理由REASON

01あらゆる自動化

FutureVulsは、脆弱性管理のプロセスを自動化するクラウド型サービスです。システム構成情報の収集から、脆弱性情報の検知、運用者への指示まで脆弱性管理に必要な一連の工程が自動化されます。さらに、リスクの高い脆弱性を優先して対応することで、効率的な管理が可能です。これにより、専門家がいなくても脆弱性管理が円滑に進み、運用負荷を大幅に軽減することができます。

これらの機能をFutureVulsが全て自動で対応

  • システム構成情報の
    自動収集

    ツールやSBOMを使用してシステム内のソフトウェア構成情報を正確に自動収集し、管理対象資産を網羅的に把握します。

  • 年間3万件にも及ぶ
    脆弱性情報の収集

    年間3万件以上の脆弱性情報を自動収集し、システムへの影響を迅速に評価することで、新たな脆弱性への対応が遅れるリスクを軽減します。

  • 正確な脆弱性を検知

    システム内のソフトウェアやライブラリに存在する脆弱性をスキャナが正確に検知。検知漏れや誤検知が無いため、手作業で再チェックする必要はありません。

  • 影響範囲を特定

    検出された脆弱性の影響範囲をシステム、サーバ、パッケージ、ライブラリ単位で自動的に特定します。システムのどの部分に対応が必要かを明確に把握できます。

  • 検出された脆弱性の
    リスク判断

    自動リスク評価機能を用いて脆弱性のリスクを自動判断し、高リスクな脆弱性を優先的に対応できます。

  • 運用者への指示

    自動リスク評価の結果に基づき、チケットの優先度や対応期限を自動設定。運用者への対応指示が自動化されます。

  • チケットクローズ

    脆弱性が解消されたことを自動判別し、該当チケットを自動クローズ。チケット管理が自動化されます。

  • 対応状況の追跡

    一つの画面から全社横断で対応状況を追跡可能。システム単位での対応状況の把握や、対応期限を超過したタスクの担当者に一括操作で催促できます。

02専門家がいなくてもリスクベースで自動で対応判断(SSVC)

SSVCはリスク評価と対応優先度を決定する米国推奨のフレームワークです。FutureVulsは、脆弱性評価から対応指示までを全自動化した「SSVC機能」を搭載しており、検知した脆弱性の「リスク = 脆弱性 x 脅威 x 資産重要度」を考慮して対応レベルを4段階に決定できます。従来、脆弱性の判断には高度な専門知識と工数が必要でしたが、SSVCを使用することでリスクを自動計算し、優先度を自動で判断可能に。さらに、運用担当者への支持も自動化するため、専門家なしで円滑な脆弱性管理が実現できます。

  • SSVCの初期設定は簡単2STEP

    SSVCの設定は非常に簡単で、インターネットへの露出度と資産重要度を設定するだけで、SSVC機能が検知した脆弱性を自動的に4段階に分類可能です。さらに、優先度ごとに事前設定されたルールに基づいて、タスクの対応期限や担当者が自動で設定され、運用担当者に通知されます。これにより、自動で適切な対応が指示され、管理が大幅に効率化されます。

  • 脅威の変化に応じて自動で再評価

    脆弱性が最初はリスクが低いと判断されても、後に脅威の変化によって危険度が高まった場合に、自動的に再評価されます。この機能によって、脆弱性の状況を常にモニタリングし、最新の脅威性情報に基づいてに基づいて適切な対応を取ることができます。

03あらゆるシステムの脆弱性情報を一元管理

資産と脆弱性、対応履歴等の情報が一箇所に集約され、把握が容易になります。さらに、幅広い環境や対象システム、言語やOSも網羅しているためどのようなケースにも適応できます。また、複数のシステムの脆弱性情報を一つの画面で確認でき、全システムの脆弱性を横断的に管理できます。

04大規模な組織でも安定した運用が実現

FutureVulsは、大規模な環境でも円滑な運用を実現できる機能を揃えています。複数のシステムを一つの画面で確認できるため、全社横断的な脆弱性管理が実現します。また高度な自動優先順位付けや、運用をサポートする豊富な機能によって作業負担が大幅に軽減されます。FutureVulsの導入によって、数人のチームでも数千台のサーバーを効率的に管理できた事例もあります。

円滑に運用するための豊富な機能

  • グループセット機能

    複数組織を横断した管理が可能です。 全社のシステムの脆弱性情報を一つのビューで管理できます。

  • タスクコメント機能

    タスクにコメントを投稿して他ユーザとの情報共有ができ、円滑なコミュニケーションが可能です。

  • ユーザ管理・監査ログ機能

    SAML連携によるSSOログイン機能や監査ログ機能で管理業務を効率化します。

  • 豊富なAPI

    APIを活用し、レポート作成、グループ作成やメンバー招待を効率化、他システム連携も実現できます。

05使いやすいUI/UX設計

FutureVulsは、直感的なUI/UXと簡単な設定により、すぐに使い始めることができます。セキュリティ部署、開発チーム、運用担当者が同じプラットフォーム上で連携し、スムーズに運用できる設計です。また、SSVC機能を活用することで、脆弱性の自動優先順位付けと対応指示が可能となり、専門知識がなくても効率的な運用が実現します。サービス開始から長年にわたり改良を重ねてきた運用フローに基づくUXにより、誰でも簡単に利用できます。

06完全日本語対応・柔軟なカスタマイズ性で安心して利用可能

安全性と透明性

FutureVulsのスキャナーはOSSとしてGitHubで公開されており、世界中の開発者によってソースコードが検証・改善されていることから、透明性と信頼性が保証されています。また、当時3,000万を超えるプロジェクトの中で「GitHub Trending」第1位を獲得、IPA(情報処理推進機構)で脆弱性対策を効果的に行うためのツールとして紹介されるなど、高い評価を得ています。

日本語サポート

FutureVulsは国産の脆弱性管理サービスであり、インターフェースとドキュメントはすべて日本語で提供されています。日本人スタッフによるサポートも充実しており、言語の壁なく利用可能です。

柔軟なカスタマイズ性と継続的な機能拡張

FutureVulsは1〜2ヶ月ごとに新機能をリリースし、ユーザーフィードバックを基に機能を拡張しています。開発チームが直接対応し、迅速かつ柔軟にユーザーの声を反映していくことで、今後も利用するユーザーと共にFutureVulsを発展させていきたいと考えています。

クラウド型脆弱性管理サービスFutureVuls

脆弱性管理にお悩みの方、
まずはお気軽にご相談ください!

脆弱性の検知から優先順位付け、
対応指示まで自動化し運用負荷を軽減

\サービスの詳細や実績をご紹介/

無料まずは資料ダウンロードする

\まずはご相談からでもOK/

お問い合わせをする

お客様からの声CASE STUDY

料金プランPRICE

貴社に合わせたプランをご提案します

\まずはご相談からでもOK/

見積もり依頼する

クラウド型脆弱性管理サービスFutureVuls

14日間の無料トライアル
Standardプランの機能をお試しいただけます!

操作性、簡単にできるサーバー登録など、
実際に操作してみてお確かめください!

\Standardプランのトライアルが可能です!/

無料 トライアルを実施する

\CSIRTプランのトライアルはこちらから!/

お問い合わせをする

ご利用までの流れFLOW

よくある質問FAQ

Q

無償トライアルは可能ですか

A

無償トライアルを提供しております。まずはお問い合わせください。

Q

サポート体制について教えてください

A

丁寧な導入支援で、 初心者でも安心してご利用いただけます。 また、ご不明点をいち早く解決できるよう、 充実したマニュアルをご提供しております。 お問い合わせには、開発エンジニアが直接サポートさせていただきます。

Q

どのような規模の組織が利用していますか

A

数台規模から数千台規模まで、業界問わずさまざまな企業や組織での導入実績がございます。

Q

情報の更新頻度はどれくらいですか

A

1日数回情報を更新しているため、公開されたばかりの脆弱性もいち早く検知可能です。

Q

導入手順が難しくないか不安です

A

導入は非常に簡単で、アカウントを作成するだけですぐに使い始めることができます。サーバーの登録も5分で完了します。

Q

外部ツールとの連携は可能ですか

A

FutureVulsは外部ツールとの連携にも対応しています。APIを提供しているため、情報の入出力が可能です。