FutureVulsとは?

About
年間10000件 を超える脆弱性情報を常に情報収集し
自社内のシステムに関係あるソフトウェアの脆弱性情報を抽出するのは、
人手でやるには膨大な労力がかかります。
FutureVulsは、自社システムに関係ある脆弱性のみ抜け漏れなく検知し、可視化から対応までをサポートします。
Demonstration

脆弱性の優先順位付けをしてグラフィカルに表示します。
これによりシステム管理者は具体的な対策の検討やパッチ検証に注力できます


選ばれる理由

Strong Point
環境に合わせた危険度を算出

一般的なスコアだけではなく、環境に合わせ最適化した危険度を算出。

脆弱性への対応、ステータス管理

脆弱性の対応状況をタスクとして管理し、ステータス変更や対応者のアサインなどが可能です。

他サービスと自動連携

他のセキュリティサービスと連携することでソフトウェア・アップデートがすぐに出来ない場合も仮想パッチなどの代替手段で対応することが可能です。

Windows対応、大規模対応

対象としてWindowsがスキャン可能です。また超大規模向けにスコアのフィルタリングやロールでの一括管理などが可能です。

ライブ情報に基づいた
トリアージ[優先度付け]支援(予定)

実際に起動しているサーバ、プロセスの情報に基づいたトリアージ支援が可能です。ソフトウェア・アップデート時にプロセス再起動が必要なものや再起動漏れを検知可能です。

検知精度、検知範囲、早さの向上
(予定)

オプションでより精度の高い脆弱性データベースをご利用頂くことも可能です。ご利用頂くとプログラミング言語のライブラリなどの検知範囲がより向上するとともに、早く検知することが可能になります。また攻撃コードの有無などの付加情報もご利用いただけます。

対応方法のリコメンド
(予定)

検知した脆弱性への対応の要否を含めた専門家にしか判断できない情報提供や目指すセキュリティレベルに応じたフィルタが可能です。

サブスクリプションメニュー

Subscription
※ サーバ数は1か月間の1日あたり平均スキャンサーバ数で計算します。

サポートメニュー

Support
※ 別途、導入サポートも可能ですので、必要な方はお問い合わせください。

お問い合わせ

Contact US
より詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせください。