コンサルティングサービス

脆弱性対策をこれから始める方、より強化したい方へ
脆弱性管理体制の設計をエキスパートが支援します

FutureVuls導入支援

御社システムに適した構成・設定をご提案

オートスケール環境、コンテナ環境、大規模環境など、環境に適した設定で導入。

今後の拡張や将来の運用も見据えて、自動化などの仕組みもご提案します。

FutureVuls導入支援

FutureVuls利用トレーニングサービス

脆弱性の確認から対応までをトレーニング

脆弱性情報の読み方、危険度の判定とトリアージ、担当者へのタスクアサイン、適用後の確認方法などをトレーニング。

御社の脆弱性の判断基準を元に、操作方法や脆弱性判断の方法を実機上で操作しつつ説明します。

FutureVuls利用トレーニングサービス

初期トリアージサービス

危険度の高い脆弱性から対応

蓄積された脆弱性の対処にお困りの方へ、解決までの道筋をご提案。

検出した脆弱性をシステム環境に応じてセキュリティ専門のエンジニアが分析・判断。
危険度を分類し、何から対応すればいいかをご提案します。

初期トリアージサービス

脆弱性管理運用スキーム作成支援サービス

導入後の運用オペレーションを支援

新規脆弱性を検出したあとのアラートハンドリング・エスカレーションフロー・対応判断基準・オペレーション手順・定例報告のひな形などを御社の運用環境に合わせて整備します。

脆弱性管理運用スキーム作成支援サービス

脆弱性判断アドバイザリサービス

検出された脆弱性の対応支援

検出された判断が難しい脆弱性について、対応の支援を行います。

脆弱性がどのようなものか、自組織環境で想定される影響、セキュリティ更新時の注意点を含め、判断・対応が特に難しい脆弱性についてアドバイス支援を行います。

脆弱性判断アドバイザリサービス




より詳しい資料はこちら